アイアムアヒーロー


「アイアムアヒーロー」予告

映画版アイアムアヒーローを観てきました

原作は前情報は知らずに読み始めたので、最初は何がおもろいんやろうって感じやったのと、主人公と年が近いこともあり多少自分の境遇と重なり胸が痛かったんですが 1巻の終わりからの急転直下ですっかりハマってしまいました。 まどマギのまみさんのあのシーンを髣髴とさせる感がありました そういえばまどマギのまみさんのあのシーンは会社のトイレで読んでたのに 思わず声が出てしまいました。

そんなこともあり原作はすごい好きやったので、正直映画はどうなんかなと思ってたんですがツイッター等では結構評価が高かったので、期待半分興味半分的な感じやったんですが

面白かった!

昨今の邦画にありがちな蛇足感もなく、原作好きにも楽しめる内容なのではないでしょうか。

原作の主人公の見た目のイメージとはすこしはなれてるんですが、大泉洋はさすがでした。たしかにあれは大泉洋でしかでけへんなと思いました。

内容としてもホラーとまではいきませんが、呪怨の伽倻子やエクソシストを思い出さされる主人公の彼女のZQNは印象的でした

ただ長澤まさみ演じる小田つぐみのキャラの多少の行き過ぎ感、 有村架純演じるひろみちゃんの存在意義の薄さ 最後の戦闘シーンが本気すぎる のは少し気になりましたが、それは個人の意見で全体通しては かなり良かったと思いました。 アクションも迫力合ったしCGも違和感なかったし、観に行ってそんは無いと思います

いま思えば、ショッピングモールに避難するのってジョージ・A・ロメロのゾンビのオマージュなんですかね。

アイアムアヒーロー コミック 1-20巻セット (ビッグコミックス)